マジシャンの海田洋祐って知ってる?

彼女は、150億円のカルティエのネックレスを盗む計画を実行する前に、仲間にこう話した。

——————-

みんな、今日まで私の計画に付き合ってくれてありがとう。

これだけは覚えといて。

私のためにするんじゃないのよ。

だからってあなたたちのためでもない。

世界中のどこかで犯罪を夢見る8歳の女の子。

彼女のためにやろう。

映画「オーシャンズ8」

——————-

すごく大切なことを教えよう。

あなたがまだブレイクも知らなかったときの話。

それはつまり、あなたがマジックを始めるに至った原因だ。

「なぜ、マジックを始めようと思ったの?」

思い出してほしい。

マジックを見て、感動して、「自分もやりたい」と思わせてくれた、その偉大なマジシャンを。

その人は、一体どんなマジックをしてあなたを虜にした?

現象だけを披露するようなマジックではなく、客を巻き込んだ、計算されたマジックだったはず。

そこなんだよね。

マジックを見せた後、「すごい」と思わせて、なおかつ「自分もやりたい」と思わせる。

相当すごかったってことだよ、それって。

だって、あなたをマジシャンにしたんだよ?

あなたの心が動いたんだよ?

行動を起こしてまで、マジックを身に着けたんだよ?

だから、あなたも。

世界中のどこかでマジシャンに憧れる、8歳の男の子のために演じよう。

こんなマジシャンになりたいなって思わせてやろう。

そうすれば、これから先、あなたはどれだけの人を虜にすることができるだろう。

「じつは僕、●●さん(あなた)を見てマジックを始めました。」

その人があなたを真似てマジックをして、またいつか誰かを虜にする。

彼は、その素人にこう言うだろう。

「僕には、●●さん(あなた)という上手い先生がいたんです。」

そして今度はその素人が10年後にマジシャンになり、またあなたの話をするに違いない。

それはつまり、伝説になるってこと。

それを僕が後押しできるなんて、光栄でなりません。

それでは、本日を持ちまして、「HERO」のプロモーションを終了させていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

海田

http://magic-secrets.net/v/l/1c/


明日3月14日、バイシクル2個が特典から外れ、今後は単品販売に変更の予定です。

カテゴリー: 演技関連 | コメントする

いろんなトランプ出すぎ!(怒)

最近、いろんなカード出てますよね。

でも僕って、気持ち悪いくらいバイシクルしか使ってないじゃん?

特にバイシクル信者ってわけじゃないんだけどね。

でもコロコロ色んなカードを使ってマジックしないほうがいいよ。

「これ」って決めたら、できるだけそれを使うことをお勧めする。

バックの色は変えてもいい。

問題は、表にある。

最近デザインを重視するあまり、トランプとしてのデザインが破綻しちゃっている。

パッと見で、なんの数字とマークかわからない。

特に、普段トランプに触らない一般人は。

「これって、なんの数字で何のマークなの?」

もうね、ギャグですよ。

そんなトランプでマジックしないでください。

一般人が見て、初見で覚えられるスタンダードなフェイスデザインを、あなたの演技で採用して下さい。

でなければ、どんどん客はあなたのマジックが苦痛に感じるでしょう。

たしかに頭のいい客はすぐに記憶する。

もしかしたら、かっこいいデザインだねって褒めてくれるかもしれない。

そんな客が、ターゲットならそれでも構わない。

でも、もしそれができない人がいたら?

マジックが始まる前から、客に裁きをかけてどうするんですか。

いや、逆か。

これから楽しませようというのに、客から裁かれてどうするのですか?

「あー早く終わってくんねぇかなー」

悲しいよね。

バイシクルは、カードマジックの基本。

バックは飽きのこない美しい幾何学的なデザインに、フェイスには素晴らしくスタンダードなインデックス。

「HERO」では、古き良き時代のプロマジシャンが愛用するポーカーサイズのバイシクルを赤・青(計2個)お付けしています。

商品パッケージを開封後、すぐに演技に取り掛かることができ、何も心配することはありません。

届いたその日に、最高のマジックを、最高の演技構成・セリフとともに習得してください。

http://magic-secrets.net/v/l/1c/

3月14日、バイシクル2個が特典から外れ、今後は単品販売に変更の予定です。

カテゴリー: 演技関連 | コメントする

面白い会話ができるヤツの頭の中は?

今日はマジックの話から少し脱線しよう。

人気者、なぜか人から好かれる人がいる。

その人の周りには、いつでも人がいる。

すごく感じがいいし、皆に誘われる。

時には、

「飲み会? あーあいつがいるなら行こうかなぁ。」

なんて、どれだけ人望あるのコイツ?ってやつ。

僕が目指すのは、そんなマジシャン。

というか、人間。

マジックの時しか人が寄ってこない。
マジックの時しか価値がない。

そんなの、嫌だ。

マジックをしてない時だって、同じように人気者でありたい。

恥ずかしい話だけど、これが本心です。

でも、皆そうなんじゃない?

自宅で一人で練習だけする“引きこもりマジシャン”よりは、マジックをやらない時でも人が寄ってくる人気者になりたいはず。

じゃあ人気者って、具体的にどんな人?

もちろん、優しかったり思いやりがあったりというのは、大前提。

そしてあなたは、そんな優しさや思いやりは、もう十分に持っていると思う。

だって、人を驚かせたいって常に考えてるんだから。

でも、それだけじゃ華になれない。

クラスに一人は必ずいた、お調子者で好かれるアイツにはなれない。

じゃあ、どうすればいい?

僕は、面白いヤツって大きく分けると、2種類いると思っている。

1.元からの性格と才能を武器にする天才肌
2.計算し尽くしたセリフを考える努力家

生まれ持った才能には、そう簡単に勝てるもんじゃないから、いまはその話は置いといて。

あなたに注目してもらいたいのは、「2.計算し尽くしたセリフを考える努力家」

いっけん「笑い」って、ふざけた言動や偶然の産物だって思われがちだけど、でも、ホントはすごく考えられて、タイミングを見て、練られた発言だってことに、そろそろ気づいたほうがいい。

現に、笑いを作る職業の芸人には、なぜか高学歴が集まっている。

たとえば、くりぃむしちゅーの上田晋也は、早稲田大学
たとえば、ナインティナインの岡村隆史は、立命館大学
たとえば、光浦靖子は、東京外国語大学

あんなバカみたいなことしてるけど、レイザーラモンHGは同志社大学だし、小島よしおも早稲田大学を卒業してる。

なぜだろう?

その答えは、バカバカしいほど簡単だ。

笑いは、頭脳戦だから。

「スマイル」では、マジックで使えるギャグを解説しているけど、なぜそれが面白いのか?という理由も同時に解説している。

それを応用すれば、日常生活の会話でも使うことができるだろう。

考えようによっては、55個にはとどまらない。

100にも、200にも成りうる。

日頃から、面白いヤツになろう。

アイツに負けない話術を身につけよう。

この55個さえあれば、努力はいらない。

一言一句、僕の真似をするだけで、エスカレーター式に人気者の座が手に入る。

「スマイル」は、今よりもっとあなたを面白い人間にする計算し尽くされた至極のフレーズ集なのだから。

——————–

http://magic-secrets.net/v/l/28/


スマイルの特典サンプル動画を追加いたしました。


明日23時59分、スマイル特典が永久消滅いたします。


本日のメルマガは、僕が2014年9月15日に発行したスマイルのプロモーションメルマガから引用しました。

カテゴリー: 演技関連, 練習関連 | コメントする