シーズン1 終了のお知らせ

こんにちは、海田です。

前回のメルマガを送ってからというもの、たくさんのメールをいただきました。

中でも、

「またメルマガ当分来なくなるんですか?」

というお問合わせは、15通もいただき、なんだか今までの配信状況を申し訳なく思ってしまいました。

嵐のように現れ、嵐が過ぎ去るように消えていく。

それが今までの僕でしたからね。

しかし、今回は違います。

嵐は、またすぐにあなたの人生に訪れます。

楽しみにしておいてください。

ここ最近で最も勢力のある嵐が、今まさに誕生しようとしていますから。

 

さて。

本日は、皆様のおかげで一部蘇ったデータがあり、MAGIC SECRETS シーズン1 最後の無料動画としてお届けに参りました。

きっと誰もが100%の確率で忘れていると思いますが、(何を隠そう、僕も忘れていたひとりです)

当時の僕は「中級者向けの基礎技法」を解説していた途中だったようです。

http://magic-secrets.net/v/l/10/

 

懐かしいですね、この白バックの壁。

こういう無料動画の配信も、また再開したいなぁと考えていたりします。

僕の商品をご購入していただいた方ならお分かりいただけると思いますが、僕はYouTubeで見かける素人さんの解説とは違い、

その技法のクレジット、解説されている書籍、考案者の背景など、細部まで掘り下げて解説していくタイプなので、リサーチにとても時間がかかり、そんなに頻繁に撮影できないというのが正直なところです。

僕の「オフセット・チェンジ」という技法が、ジョーマジックという方によって無断で解説されているという報告のメールをこれまで数多くいただいているのですが、僕の名前なんて、ひとっことも喋らないですからね、彼。

ド素人なんですよ。

素人が少しマジックが出来るからという理由でテキトーに解説するもんだから、上手い人が育たないんです。

「自分よりも上手い人」を見て練習するのはもちろん良いことですが、果たして「その人が本当に上手いかどうか」判断できる人は限りなく少ないです。

だから、みんな上手になっていると錯覚しているけど、実際はみんな下手になっている。

無料のものって怖いんですよ。

恐ろしいんです。

ちゃんと知識と技術がある人から学ばないと、どんどん下手になっていく。

下手な人から学んでも、そりゃ下手になるだけでしょ。

という話なんですから。

それを見極める力は、ホンモノの商品で学んだことがあるかどうか。

その経験の差が、まるで生死を分けるかのごとく、その人を正しい師匠へと導いてくれます。

YouTubeは、マジック業界が廃れている原因です。

結果的に、上手い人が育っていない。

あんなのに師事しちゃダメなんです。

下手になりたいんですか?

僕がやっていることを教えましょうか。

「この最新の手法は1999年に発表されたあの技法が元になっているだろう。」

と考えると、1999年まで遡り、

さらにその技法が1972年に発表された別の技法にインスピレーションを受けて作られたことを知ると、

1972年出版の本を取り寄せる。

そこに原案があるのなら、地球の果てにでも追いかけて行きます。

そのようなことして僕の商品は完成しているのです。

それは、無料動画でもしかり。

50年以上も前に海外で出版された書籍をeBay(世界最大のオークションサイト)で3万円で落札したこともあります。

まぁ跡形もなく燃えちゃいましたけどね。

だから、そんな頻繁に動画作れないんです。

でもね、初心者さんはバカにするんですよ。

「マジックだけ解説してくれたらいい。考案者いらん。」って。

なぜそういう人は一生マジックが上手くならないのか?

と考えた時に、僕はカードマジック研究家の荒木一郎さんの言葉を思い出すわけです。

「その人のことを好きになったら、その人のことをもっと知りたくなるから。」

彼は優しくそう表現しましたが、僕はあえてこう言いましょう。

「単なるバカ。」

こういう仕事しているとね、

「とにかくあのマジック教えて、メルマガの文章もいらん、動画だけでいい」

なんて人が、たまにいるわけです。

面白いですよ、彼らは皆、100人中100人が下手だから。

そのマジックの背景や、考案者の名前、作られた意味、考案に至るまでの流れなどを、きちんと理解してマジックを身に着けている人からいただくメールの内容とは、随分とかけ離れています。

やっぱりすごい上手いんですよ、そういう人たちって。

もしかしたら僕よりも上手いかもしれない。

天と地ほどの差というのは、こういうことなんだなぁ。

と思わず唸ってしまうほどの、すんごい法則が存在するわけです。

だからMAGIC SECRETSのお客様というのは、他のアマチュアよりも一歩先を歩んでいる。

オリジナルを考え出す力が自然と備わっていく。

商品がそのようにプログラムされているからです。

今後もそのように、ご購入者様の「確実な上達」をお約束する商品をご提供したいと考えております。

たまに、こう言う人いるじゃん?

これだけは、一生このメーカーで生きていくってやつ。

車ならトヨタとか。
家電ならシャープとか。
カメラならキャノンとか。

マジックなら、海田洋祐ですよ。

 

 

追伸

さて、次回のメルマガから、MAGIC SECRETS シーズン2 の、はじまりです。

それに伴いまして、来たる12月10日、大型のカードマジック教材を販売開始いたします。

詳細は、次回のメルマガから。

 

GREE にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`evernote` not found]

カテゴリー: カードマジック, お知らせ | タグ: , , , , , | コメントする

救世主。

こんばんは、海田です。

僕は、この度のメルマガで、本当に多くの方にMAGIC SECRETSの復興をご支援いただきました。

・初めて、そして恐る恐るMAGIC SECRETSをご利用くださった方
・いつもどおり僕を信頼し、商品をご購入くださった方
・たくさんの励ましのメールをくださった方

 

本当に有難うございます。

 

このたったひとことを、実はずっと言いたかったんです、この3ヶ月間。

おかげさまで、復興の目処も立ち、少しずつですが、必要機材やいわゆる高額機械類の購入を進めています。

僕がいちばん欲しているデータの復旧も開始されました。が、おそらく無理でしょう。いいんです、これはもう諦めています。

新しい革製品を作る環境も整いつつあり、また、Project Businessの再開の目処も立ちつつあります。

これらは全て、MAGIC SECRETSを愛してくれている皆様のおかげです。

火事というのは、ほんとうに怖いもので。

同時に情けないもので。

新商品を出す直前に起きたこの青天の霹靂は、これまで準備してきたことの全てを未公開に終わらせ、僕をたった3時間でドン底に突き落としました。

意気消沈し、広島の地を踏んだ2年前。

それが、MAGIC SECRETSの新たなはじまりになるとは、あの悲惨な舞台を見た者の誰が想像できたでしょうか。

「復活はいつになるかわからないけど、もう一度ゼロからやってやる。」

「そして、いつかきっと、読者の皆様に元気な姿でお会いしたい。」

大好きな読者の皆様を想い、自分を奮い立たせないことには、とてもここまで来れなかったでしょう。

これまで封印していた色んな物を2年越しに発表することができて、僕は幸せでいっぱいです。

こうして多くの方にメルマガをお読みいただき、またご支援もいただき、何度感謝しても感謝しすぎることは決してありません。

今日もこんなメールが届きました。

「OSPを見て、自分は初心者だったんだと痛感。」
「Elite、一気に上級者になった気がする。」
「これがプロ職人が作るギミックか。」

ご購入者様からのフィードバックは物凄く嬉しく、僕をいつも笑顔にさせてくれます。

とにかく「凄い商品だった」と興奮が隠しきれないそのご感想は、僕を「作ってよかった」という気持ちにさせてくれる。

(欲を言うなら)できればメールではなく、商品ページのレビューに書いていただけるとさらに嬉しいのですが、欲張るつもりはありません。

一人でも多くの読者様からのフィードバックがあるからこそ、僕はまた新しいマジックを生み出せるのです。

その未来は、すでに決まっていると自覚しています。

ぜんぶ、僕に勇気をくれて、助けてくれたあなたのおかげなんですよ。

本当にありがとうございます。

しかし、世の中助けてくれる人ばかりではありません。

離れていく人もいるのが現実。

そんな状況で助けてくれる方には、無条件の愛と誠意を持って接すると誓うのが人間というものです。

「僕は、この人たちを絶対に裏切らない。」

おそらく、あなたにも、ひとりはそのような人がいると思います。

たったひとりでいいんですよ。

たったひとりいればいいんです。

すべては、この素晴らしい一文に詰まっています。

 

「世界中にたった一人、一人だけでも自分を信じてくれる人間がいれば救われる。」

(漫画「HUNTER×HUNTER」より)

 

皆さん、加藤って覚えていますか?

2013年に僕のメルマガに嵐のように現れ、そして嵐のように消えていったあの陽気な女です。

なんと加藤は、僕に付いてきてくれたんですよ。

こんなクソがつくほどのド田舎に。

あんな大都会で育った子がさ。

こんなド田舎に転勤ですよ。

彼氏と結婚が決まった僕の妹が、こう言いました。

「大阪だったら付いていく。島根だったらここ(広島)に残る。」

(島根の人いたらごめんなさい、悪気はないと思うので許してやってください。)

 

僕は彼女がいたから復興の準備ができた。

彼女が雑用を全部やってくれたから。

あいつの仕事内容は一体何なのかな?

マルチすぎるだろってくらいの仕事量。
何から何まで全部こなしてくれました。

きっと、あんなに有能な人材にはもう出会えないだろう。

だから僕は加藤には本当に感謝しているんです。

地球外生命体かな?って感じの虫が大量にいて、蜘蛛とか超巨大だし、イノシシその辺で歩いてるし。

冬は極寒で足の指が凍傷になりかけてたし。

なんか田舎の水が合わないのか、髪がパサパサになるとか言ってたし。

僕が約束できたのは、キレイな空気と、大自然の緑と、いつでも海が見れる環境と、満天の星空と、近場の観光地だけ。

本当に色々申し訳なかったけど、加藤はこの2年間僕に付きっきりでした。

でもそのおかげで、僕はこうしてあなたにいま元気な状態でメルマガを送れていると、確実にそう言い切れます。

たった一人すべてを信じることが出来る人間がいれば、もうひとりの別の人間の人生を救えるんですよ。

凄いですよね、人って。

でもそれは僕に限った話じゃなくて。

あなたにも同じことが言えるんです。

だからまずは加藤に、次にご支援いただいたあなたに僕からの最大の感謝を贈りたいと思います。

本当に、本当にありがとうございます。

そんな加藤はいま、MAGIC SECRETSのYouTubeチャンネルを管理してくれたり、ツイッターというものをひっそりやってくれていたりしています。

残念ながら僕はそういうものは全く使いこなせない原始的な性格です。

10年くらい前に作った自分のFacebookアカウントに最近ログインしたら、友達がインド人だらけで笑いましたよね。ナマステ!

どうやらツイッターにはハッシュタグというものがあることだけ教えてもらいました。

というか、僕のメルマガ読者様は年配の方が多いので、ツイッターなんて利用されてない方がほとんどだと思いますが、もしご利用の場合は、

#MAGIC SECRETS
とか

#海田洋祐
とか

ご自由にハッシュタグをお作りいただいて(加藤が見つけやすいように?)つぶやいてやってください。

とりあえず、加藤が喜びます。

そしてなにかしらの返信が来ると思いますので、構ってやってください。

 

プロマジシャンになられた方や、YouTubeで活動されている方、無名だけど地域では有名なアマチュアの方など。

MAGIC SECRETSのお客様は、今この瞬間も、あらゆるところで活躍しています。

もしかしたら、あなたがよく知っているあのマジシャンも、MAGIC SECRETSのお得意様かもしれません。

我が社の製品が、たくさんの方に愛され、またたくさんの場で演じられている。

そんな状況を誇りに思います。

今日も、明日も、その次の日も、いつまでも、

MAGIC SECRETS製品がたくさんの人々を驚かせ、楽しませる未来でありますように。

それでは、本日も最後までメルマガをお読みいただき、どうもありがとうございました。

この度のご支援に関わっていただいたすべての方に感謝を込めて。

海田

 

追伸1

広島に来て間もない頃は友人の誰とも連絡を取りたくなくて。

脱スマホして農業してたら、友人の間でも死亡説が囁かれて。

僕は知らず知らずのうちに、みんなに殺される。

気づいたらLINEの未読件数が見たこともない数字になっていたので記念にスクリーンショット。

http://magic-secrets.net/fr/line/

 

 

追伸2

来年の4月まで持つと思われていた豊富な在庫量が、徐々になくなりつつあります。

ヒンバーワレットのパスケース「貴族デザイン(黒)」は、早々に完売いたしました。

これまでの4年間ずっと在庫切れ状態にしていたので、「再販して欲しい」という要望を多く頂いてきました。

いま、職人が地道にヒンバーやEA、D6を再現していますが、0.1mmの差も許されない世界での再構築は非常に難しく、困難を極めております。

もうそのような要望に応えることは出来ないと思います。

もし完売後に「再販して欲しい」と少しでも思う可能性がある場合は、どうか在庫があるうちにご購入ください。

この傑作たちをまた作れる保証は、どこにもありません。

 

 

 

■よくある質問

 

1.
たとえば、EAとD6などの「同時購入特典」は同時購入でなければ付かないのですか?

→ 同時でなくても、両方をご購入頂ければお付けしております。

 

2.
海外にも配送できますか?

→ MAGIC SECRETSには、海外のお客様も多数おり、全世界に出荷させていただいております。(別途送料が必要です。)海外への配送の場合は、メールにてご注文ください。

 

3.
分割払いはできますか?

→ 3分割まででしたら、可能です。(クレジットカード決済のみ対応)個別対応となりますので、お問い合わせください。

 

4.
MAGIC SECRETS通販サイトから上手くご注文出来ない場合は、メールにてご注文を承っております。

1.お名前
2.フリガナ
3.郵便番号
4.ご住所
5.電話番号
6.お届け日のご指定(ご注文日より3日後~)
7.決済方法の選択(代金引換、銀行振込・郵便振替、クレジットカード)
8.ご注文の商品

※代金引換は手数料370円が加算されます。
※銀行振込は振込手数料をご負担ください。(お届け日は入金日より3日後~ご指定頂けます)

をご連絡いただければ、こちらでご注文の処理をさせていただきます。

GREE にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`evernote` not found]

カテゴリー: お知らせ | タグ: , | コメントする

君のマジックは、つまらない。

広島に来てからの1年間は、火事の後処理や事務的な作業、在庫整理などに追われていた。

データが飛んだから、どれだけ在庫があるか、正確な数字もわからない。

大阪から持ち帰った書類の中に、職人さんが書いたであろうヒンバーやらEAやらの製作ノートが見つかった。

燃えた部分と、そうでない部分。

途切れ途切れだけど、かろうじて読むことが出来る。

空白を補うのには、相当な月日を要するだろう。

ページをめくっていくと、1枚の写真が落ちてきた。

そしてまた僕は昔話を、ひとつ思い出すことになる。

あれはたしか、なにかのパーティでマジックを披露した時のこと。

もう幾度となく見た一発芸や、同じようなコントが繰り広げられていた。

僕は、マジック。

そして、僕とは別に、もう一人マジックをする人がいた。

彼は、難易度の高いマジックを披露していた。

そうだなぁ、たとえば、Shin Limのなんとかっていうマジックとか、Yoannのなんとかっていうマジックとか、Dan and Daveのなんとかっていうマジックとか。

全く覚えてないけど、難易度クラスは、それくらい。

まぁ、すごかった。

というか、上手かった。

きっと一日中カードを触ってるんだろうなぁって。

でも、自慢じゃないが、僕が演じた時のほうが客の反応は圧倒的に良かった。

彼も、それに気づいていた。

だから、僕はこんなことを言った。

「今日は、ダブルリフトしか使わなかったわー。」

意地悪な僕は、それ以上は教えてあげない。

「君のマジックは、つまらない。」

なんて、言えなかった。

なぜつまらなかったか、を説けば、次は彼と良い勝負が出来ただろう。

しかし、そのアドバイスは無料の範疇を超える。

僕が築き上げた「ウケるマジック」の条件、それに要した時間は10年以上だ。

自分が長年温めてきた宝物をタダで教えるなんてことはできない。

しかも、自分のいるフィールドでなんて、もってのほか。

敵は、作らない。

僕の、ひとり勝ちだ。

いつもそう。

だからいま、敵にはならないあなたに、こう説いている。

「客が楽しめるマジックを演じなさい。」

そして、その全ては、一切出し惜しみすることなく「スマイル」の中に詰め込んだ。

マジックは、テクニックを磨くだけじゃダメ。

それを知らないのが問題だし、それを指摘してくれる人がいないのも問題だ。

だから、95%のマジシャンは二流で終わる。

残りの5%の世界を教えようか。

誰かに会った瞬間、「なにかやってよ」と求められられることは言わずもがな。

新しいテクニックを学ぶよりも、むしろ新しいプレゼンやギャグを考案することに全力を注ぐ。

そうせずにはいられないから。

ほんの少しでも客をクスッとさせればいいんだ。

もし今のあなたの演技に客を笑わせる要素が1mmもないのなら、マジシャン専用ギャグ55選「スマイル」を是非お試しいただきたい。

友人たちのあなたを見る目が変わる。

(あれ? コイツって、こんな面白かったっけ?)

http://magic-secrets.net/learn/smile/

 

僕は今日もまた、日本にひとり、人を楽しませることの出来るマジシャンを増やした。

是非、明日から使ってみてほしい。

 

海田

 


アンコールとスマイルは、ネット上で視聴できる、いわゆるダウンロード商品です。

在庫がなくなることはありませんが、少しでもMAGIC SECRETSをご支援いただければ嬉しく思います。

 


秋気肌に染む時節、風邪など召されませぬようご自愛ください。

 

GREE にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`evernote` not found]

カテゴリー: お知らせ | タグ: , , , , , , | コメントする