【有料級】一瞬で変わるマジック種明かし「グリル・チェンジ」の解説

人生は、予想外の連続ですよね?

まさか、お風呂上がりのパジャマ姿でPVに出る日が来るとは思いませんでした。

こういうラフな格好で商品の中に登場するのは未だに抵抗がありますが、

もしかしたらいつか常識を通り超えて裸になっているかもしれませんね(謎)。

話を元に戻しましょう。

人生は、間違いなく、予想外の連続です。

たとえば、

中級者以上のカードマジックを学ぶ上で

絶対に通る道

と言ってもいい技法のひとつに、

スチュアート・ゴードンのダブルターンノーバー

が挙げられます。

OSPパート3で、この技法の僕の解説を見た後でYoutubeにいる方のマジックを見渡してください。

Youtubeでマジックが上手いと言われている人のマジックを改めて観察してください。

みんな初心者の方法を使っていることに気づくでしょう。

これを知れただけでも、抜きん出ると思いますよ。

僕の使命は、

より格好良く見える手さばきを継承させることじゃないですか。

それは、つまり、まずはご購入者様に「ダメな例」をしっかりと認識させなければならない。

その上で、これは物凄くかっこ悪い演技だから絶対にやめようねって注意しなければならない。

たとえ、YouTubeでその方法が溢れていてそれが「普通」だと認識されていたとしてもだ。

もしかすると僕が解説する方法のほうが難しいやり方かもしれないけど、

でも圧倒的にこっちのほうがナチュラルでかっこいいんだよって。

僕は伝えていかなければならない。

「これが一般的で至高」だと勘違いしているアマチュアは多いですが、

僕はそれを真っ向から否定して、もっと良い方法を解説するので、もう「予想外」以外の何物でもないと思います。

そして、僕のダメな例と良い例の比較映像をお見せすることによって、

「あぁたしかに、海田のやり方のほうが自然に見える」

と納得するはずです。

手段・方法はすべて包み隠さずお教えします。

あとは、あなたが習得するかどうかの問題。

osp3ビューティ・ミッションヒンバーワレットEAD6

追伸1

ちなみに。

スチュアート・ゴードンのダブルターンノーバーはとても奥が深い技法で、

僕もまだまだ進化の余地があると感じている技法のひとつです。

この技法が上手く出来るか出来ないかで、そのマジシャンがどのレベルにいるか一発でわかるほど。

こわいよね。

OSPパート2までは、比較的簡単に行える、いわば“中級者初心者”向けのダブルターンノーバーの使用を推奨していました。

しかし、

パート3では、少し挑戦的で、さらに自然に見える「明らかに一枚しかめくってない感」を印象づける手の動かし方を解説していますので、ぜひアップデートしてください。

 

追伸2

2012年から始まったOSPシリーズは、多くの方に愛され、パート3にまでなりました。

これも予想外。

共有:
カテゴリー: カードマジック, マジック・技法の解説 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントする

新商品の発売開始しました。

「亡き王女のためのパヴァーヌ」というクラシック音楽が大好きです。

僕が世に送り出すメルマガの半分くらいは、この曲を聴きながら執筆しています。

書いた人は、フランスの作曲家モーリス・ラヴェル。

彼は晩年、記憶障害になりました。

ある日、とある場所でこの曲が演奏されているのを聞いたラヴェルは、こう言ったそうです。

「なんて美しい曲だ。いったい誰が書いたんだろう。」

僕は10年後にパート3とビューティ・ミッションを見返した時、きっと同じようなことを言うと思うんですよね。

10年後、ビューティ・ミッションのマジックを半分くらいやらなくなって、

全く新しいマジックがレパートリーに加わっている時に

何気なく手に取ったこの作品集を復習がてら見てみると、

「え、なにこのすごいマジック? アプローチが斬新すぎない?」

と言って、10年後にまたレパートリーに加えていると思うんです。

新しいマジック・技法は世界中で日々生まれ、進化し、毎年流行も作られていくけれど、

僕の教材は、永遠です。

未来で流行るであろうマジックのことをしっかり考えて選別・制作しているから。

僕は、流行を追いかける側の人間ではなく、作る側の人間だけど、

きっと10年後も、

斬新で、誰も見たことなくて、誰も出来ない

そんなマジック集のままだと思いますよ。

僕が提供する技術は、一生モノでなければならないからね。

ですから、ご安心の上ご購入くださいませ。

OSP3
https://magic-secrets.net/ms-tus/osp3/

ビューティ・ミッション
https://magic-secrets.net/ms-tus/beauty_mission/

その他、

・ヒンバーワレット(第二世代)
・EA(第二世代)
・D6(第二世代)

も合わせて再販開始しておりますので、新しくなったギミック類もぜひお試しください。

マジックショップ・手品用品店「MAGIC SECRETS」 (magic-secrets.net)

※出荷は、15日(木)から順次行います。
※土日も出荷いたします。

ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

海田

共有:
カテゴリー: カードマジック, お知らせ | タグ: , | コメントする

簡単なサンドイッチ・カラーチェンジ種明かし「アラインメントムーブ」のマジック動画

こんにちは、海田です。

スプリングの副産物として生まれる風が心地よく感じる季節になってきましたね。

春の清々しいお知らせと言っていいかはわかりませんが、ようやく発売開始日が決まりました。

4月12日(月) 正午 12時

以下の5つの商品を新発売(または再販)開始いたします。

新発売
OSPパート3 DVD教材
ビューティ・ミッション DVD教材
再販
MAGIC SECRETS製ヒンバーワレット(2021年限定色あり)
Escape Artist(2021年限定色あり)
December6

3月の発売開始は間に合いませんでしたが、品質検査も無事終わり、出荷準備もほぼ終わりました。

出荷センターに在庫を移したら準備完了です。

今回は久しぶりにメルマガで進捗状況をお伝えしながら、しかもYouTube用の解説動画も制作しながらの進行だったため、思うようにコトが運びませんでした。

最初なんて去年の12月に発売できると思っていましたからね。

さすがに3月には間に合うだろうと踏んでいましたが、まさかの4月になるなんて。

しかし、ようやくタイマーは動き始めました。

楽しみにされている方は長らくお待たせさせてしまい申し訳ございませんが、もう少しだけお待ちくださいませ。

今回もまた、高クオリティの製品をご提供させていただきますので。

 

■この時代にあなたはどのマジックを学ぶのが正解か。

その場にあったプラスチックのトランプでマジックを演じる機会があったんです。

慣れないカードだから準備運動の意味でアンビシャスカードをやったんですが、その場にいる全員がタネを知っていて戦慄しました。

え、もうそんな時代なの? え?

ってなった。

僕の演技は下手じゃなかったはずなんだけど。

唯一の救いは、

「タネはわかるけど、手つきが凄い」

と、謎の同業者視点の感想をもらったこと。

嬉しいけど、評価基準がズレている。

マジシャン相手にはテクニックを褒められるマジックを演じるが、一般客相手には驚かせ楽しませるマジックを演じるのが基本ですよね。

その日は、どこで知ったかタネを熟知している4人の一般客。

それなら、もっとすんごいマジックをやりましょうということで誰も見たことのない未公開マジックを演じると、ようやく彼らは僕の理想とする「観客」になってくれました。

悲しいかな、インターネットの普及や種明かしYouTuberの影響で、古典の傑作が死につつあります。

生かすには、あなた次第で最高のプレゼンが必要不可欠。

でも難しいよね、セリフを考えるのって。

だから絶対にビューティ・ミッションのマジックを学んでほしい。

「セリフが不要」とは言わないけど、「斬新である」という意味では客を抜群に驚かせるはずだから。

僕は最近、「シカゴ・オープナー」ならぬ「ヒロシマ・オープナー」というマジックをよく演じているのだけれど、

現代的に仕様を変更し、ユニークな手順を加えた誰も見たことのない「シカゴ・オープナー」の手順です。

マジックを演じる優越感は、「何そのマジック気持ち悪い」って顔をされながら凄い凄い言われることじゃないですか。

ビューティ・ミッションは、古典より遥かに練習が必要だけど、身につけた時の喜びと、客のあの驚いた顔は間違いなくプライスレス。

古典のアンビシャスカードを演じた時のそれとは食いつきっぷりが段違いです。

いま時代は変わりつつあります。

「すごい、もう一回やって」という当たり前のように聞いてきたその言葉が、徐々になくなっていき、

いつしか「それ知ってる」に取って代わるかもしれないこの時代にあなたはどんなマジックを学ぶべきか。

今こそ、知識と技術をアップデートする時です。

ビューティ・ミッションは、僕の直近10年間の結晶。

動画を撮られることを拒み、外部への流出を大切に守ってきました。

「誰も見たことない」が詰まっています。

アンビシャスカードの上位版
サンドイッチカードの上位版
オールバックスの上位版

誰もが知っているあのマジックのとても賢い巧妙なルーティンばかりです。

「それ知ってる」とは言わせません。

何を演じたら正解かわからないこの難しい時代に、

当たり前のように「すごい、もう一回やって」をもらう。

来たる4月12日(月)、新しい知識への扉が開くのをぜひ楽しみにお待ちくださいませ。

簡単なサンドイッチ・カラーチェンジ種明かし「アラインメントムーブ」のマジック動画

海田

共有:
カテゴリー: カードマジック, マジック・技法の解説 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントする