「フォールス・ポップアップ」の解説

こんにちは、海田です。

今日の朝は寒いくらいでしたが、日中はまだまだ暑さが続いていますね。

いまのおじいさんおばあさんが高校生だった頃は夏の温度は28度くらいだったそうです。

それが今や、38度って。

どうなってるんですか、地球さん。

ちょっと本気出し過ぎじゃないですか。

昨今の地球さんの異常行動は本当によくわからんので、熱中症を含めその他いろんなことにお気をつけください。

さて、お盆休みで、久しぶりにメルマガを読み返していたら、送ってないメルマガがいくつか出てきましたので、この機に送っておきたいと思います。

今年のお盆休みは、OSPの習得に励んでみませんか?
(もう終わるけど)

———–

このチェンジは僕の好きなチェンジの一つですが、こうやって自分の好きなチェンジを使えばいいですからね。

OSPでは全く新しいコントロール、全く新しいチェンジがたくさん出てきますが、気に入ったコントロールと気に入ったチェンジを組み合わせたりして使えばいいですからね。

解説通りの手順で演じる必要なんてありません。

あなたのやりやすい技法・チェンジを使用すれば良いと思います。

(OSPパート2より抜粋)

———–

俺は解説で、ちゃんとこう説いています。

あなたの自由に組み合わせて良いんだよ。

むしろそうするべきなんだよって。

なぜか?

僕と全く同じことするを人が出てくるからです。

それじゃ、つまんないでしょ。

僕もマジックを学び始めて1~2年間は、テレビでMr.マリックがやってたマジックと全く同じマジックを友人に披露していたんです。

他にも色んなマジシャンの真似をしていた。

でも、ある時気づいたんですよね。

僕は、マリックさんになりたいわけじゃないって。

僕は、僕を評価されたいんだって。

「あ、それテレビでやってたやつだ!」

という言葉は、いまの僕にとっては何の魅力もない。

むしろ言われたら腹が立ってくるレベル。

だって、テレビなんかよりももっと凄いマジックしかしないから、僕は。

だから少しずつでいいんです。

少しずつ自分流にアレンジしていくことで、師匠の癖がなくなって、いつしか自分のスタイルが出来上がっていく。

僕はご購入者様全員にそうなっていただきたいし、むしろそうなることで、上達は確約されると思っています。

もちろん最初は真似をしても良い。

だから僕は癖のない模範となる演技を心かげてる。

でもできるだけ早い段階で、海田さんの要素をそのマジックに組み込んでみてください。

そこから先は、誰も見たことがない未知の世界が待ってるはずですから。

http://magic-secrets.net/ms-tus/osp2/

■「フォールス・ポップアップ」の解説

http://magic-secrets.net/v/l/1b/

コントロールは、OSPシリーズやその他の商品でたくさん解説しておりますのでそちらを参考にしてください。

カテゴリー: カードマジック, マジック・技法の解説 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です