OSPパート2終了のお知らせ

OSPパート2では、ひとつだけ、斬新なショットを解説しました。

たとえば、ダローのホット・ショット・カットってありますよね。

あれ、みんな使ってるから飽きないか?って話。

「やれやれ、またホット・ショットかよ。」

ですよ。

なんなら、YouTubeでも見てください。

猫も杓子もホット・ショットで、もううんざりしますから。

もしくは、変な持ち方をするオードリー・ウォルシュのロング・ディスタンス・スピナー。
(どういうわけか、日本のYouTubeではサム・ショットと呼ばれています。)

あとはそうだなぁ・・・レナート・グリーンのトップ・ショットとか。

どれも、ゲットレディに入るまで時間がかかったり、デックを持ち替えないといけなかったり、

要するに、欠点だらけなのです。

パート2で解説しているこの全く新しいショットは、これまでは流行ったショットとは、ひと味もふた味も違います。

まず、ゲットレディ0.5秒以内という、その速さ。

次に、ショットの瞬間の手は客から完全に隠れており、タネがばれない、その巧妙さ。

そして、大きく弧を描きながら羽ばたき、まるで飼いならされたハトのように自分の手元に戻ってくる従順性。

通常のディーリングポジションからすぐに行えるため、ホット・ショットのような持ち替えは必要ありません。

見た目上の欠点は、絶無です。

ただひとつ、テクニック上の欠点を挙げるとすれば、

難しいということ。

これまで流行ったショットと同じ練習回数では到底身に着けられないほど、ヘビーな修練が必要です。

僕も最初、この技術の習得には苦戦を強いられました。

毎日毎日同じ作業を繰り返し、日々絶望を感じていました。

しかし、ビビる必要はありません。

練習を繰り返しているうちに、僕は気づいてしまったのです。

最も簡単に、そして最も速いスピードで習得する方法に。

原案の解説は、途中でサジを投げ出すレベルで酷いものでした。

「ちょっ、おま、それだけ?」

って、僕が思わずツッコんでしまったくらいですから。

パート2のご購入者様は、僕が粉骨砕身し、何週間もかけて編み出した上達法をたった20分で学ぶことができます。

それも、YouTubeで見かけるような、素人が解説している間違った方法ではなく、確実な技術をね。

http://magic-secrets.net/ms-tus/osp2/

(最後のビデオを公開しました。表示されない場合はページを再読込してください。)

海田

追伸1

じつは、今年始めのパート2のプロモーション中に、PCの調子が悪くなってしまい、またもやデータが吹き飛んでしまいました。

SSDって高速処理で必需品なんですけど、映像制作やってるとすぐに壊れるんですがどうにかならないんでしょうか。

もう何台SSD壊したかわからないくらい毎年ブッ壊れまくってます。

PC専用に扇風機も回してんのに、SSDだけ一向に温度下がらないし。

しかもある日突然逝くから対処のしようがないし。

というわけで、修理に出している間、全く別の仕事をしていたらメルマガに手が回らなくなってしまい、こんな有様です。

この度、急にパート2のプロモーションが途切れたのはそんなことになっていたからです。

超絶テンポ悪くて申し訳ありません。

すごく中途半端ですが、本日にてパート2のプロモーションを終了したいと思います。

追伸2

ヒンバーワレット パスケースやEscape Artistなど、とうの昔に完売致しております。

長らくご愛顧頂きましてありがとうございました。

もはやここに亡きその製品で、今後もたくさんの方を驚かせ楽しませていただければ幸いでございます。

カテゴリー: カードマジック タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です