下ネタで盛り上がった時の話

こんにちは、海田です。

僕ね、この前、7年ぶりの友人と2日間連続でご飯を食べに行ったんですよ。

トランプを持って家出るの忘れたんです。

いや、正確にはわざと持って行かなかった。

だって、僕がマジックをやる人なんてこと、もうとっくに忘れてると思ってたから。

彼との待ち合わせ場所に行ったらね、一年後に結婚する予定の彼の奥さんもいてね。

なぜか3人で呑むことに。

僕に紹介したかったんだってさ。

お酒を飲みながら、お得意の下ネタトークで盛り上がっていると、彼は彼女に僕の宣伝をしてくれた。

「こいつのマジック、ほんとに凄いんよ! ねぇなにか見せてあげてや! トランプあるんじゃろ?」

その言葉は、僕を一瞬で氷にした。

(あぁ、僕はなんてことをしてしまったんだろう・・・。)

彼があんなにも熱弁してくれた得意のカードマジックを差し置いて、その場にあるもので簡単なマジックを見せただけ。

そんなことを言われたら、どれだけウケても僕の心は救われない。

だから、マジックが終わると、自分から話題を変えた。

なんだか、それ以上はマジックを演じる資格がないように思えたんだよね。

それから約1時間、晩酌は続いた。

そして、別れ際。

彼は、僕にこう言った。

「明日はトランプ忘れんなよ!」

次の日、もちろん楽しませてあげましたよ。

死ぬほどね。

 

果たしてあなたは何人から言われるだろう。

「こいつのマジック、ほんとに凄いんだぜ」
「ねぇ、なんか見せて」
「トランプ忘れるなよ(持ってこいよ)」

あなたにもし、そんな友人がいないとしたら、あなたのマジックには魅力が足りないということだ。

では、その魅力とは一体何だと思う?

「わたしね、あの日あなたが演じてくれたマジックが忘れられないの。」

その言葉は、マジシャンにとって最高の賛辞。

そう言われる方法を教えよう。

「HERO」は、あなたを「愛されるマジシャン」へと変える最強の教材である。

http://magic-secrets.net/v/l/1c/

海田

※特典の映像はダウンロードではなく、すべてDVD化して出荷させていただきますのでご安心ください。

※その他商品に関してご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

■ライジングカードの解説

正確にはライジングではないですが、例の古典に敬意を払い、その名称に。

フォーリングが正しいでしょうか。

いや、違うなぁ。

フォーリングと名付けたら、主役が変わるからなぁ。

ってことでやっぱりライジングに。

んー、でもなぁ・・・

って思考を丸一日繰り返し、最後はサンセット・ライジングに落ち着くという。

http://magic-secrets.net/v/l/25/

大地を照らす光が海へと沈み、月が天空に現れる。

そんなかんじ。

12月23日、満月の夜にふさわしいマジックをひとつ、お楽しみください。

・・・まだ真っ昼間だけどねっ。

カテゴリー: お知らせ, マジック・技法の解説 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です