無性にサンドイッチが食べたくなる、そんな内容

僕ね、この前、Aimerの「蝶々結び」っていう曲を聴いて思ったんだよね。

「これ、結んでるだけじゃん。」

って。

だってあれ、ただ蝶々結びしてるだけだよ?

蝶々結びする過程が、曲になっているから。

でも同時に、これって凄いなぁって思ったの。

そこに、ドラマが見えたから。

何も考えずにヒモを結ぶ、たった5秒間の作業が、詩になる。

その発想を、あなたのマジックにもどうでしょう?

何の変哲もない、ただのカード当てを面白くする秘訣が、そこにはあるんです。

ようするに、アマチュアの99%のマジックには、ドラマがないってこと。

多くのマジシャンは「サンドイッチカード」の現象をたくさん身につけているけれど、そのまま演じてもつまらないんだよ。

だから、なにかしらドラマを加えないと。

フィクションの設定を作ってあげないと。

演技に命を宿さないと、機械的なマジックで終わってしまう。

人がやるからこそマジックなんだから。

そこには、愛がないと。

ユーモアがないと。

Siriでも冗談が言える時代だよ?

んー、たとえばね、

———-
サンドイッチ伯爵(はくしゃく)って知ってる?
昔カードゲーム好きな人がいて、ご飯中もゲームしながら食べたい!って考えてた人がいたんです。
で、これってもしかしたら、重ねて食えば早いんじゃね?って思ったらしくて、そこからサンドイッチが誕生しました。
———-

こういう話の後でジャック2枚を紹介されたら、なんだか楽しくなってこないかい?

「またしょーもないトリビア言ってー」って思わない?

「今日はジャックに、サンドイッチのパンになってもらいます。」

なんて言われたら、ちょっとだけ興味湧いてこない?

何も変わってないんですよ、依然としてただのサンドイッチカードのままなんです。

でも客の食いつき具合が、それまでとは全く異なっていることに気づくはず。

こういったアレンジを少しでも加えることによって、客はあなたのマジックの虜になるんです。

そこに、一刻も早く気づいてください。

大切なのは、マジック以外です。

「HERO」には、Youtubeで種明かしされているマジックも解説しているって、僕は言ったよね?

タネとやり方だけ知ったところで、意味ないんだもん。

だれがなんと言おうと、古いタネなんて、もはや無料の時代なんです。

だって、YouTuberがアンビシャスカードのタネ明かししてチャンネル登録者数増やしてる時代だよ?

そんな方々からマジックを学んだあなたは中級者になった気分を味わっているときにようやくひとつの真理に気づくだろう。

どうして?

同じアンビシャスカードを演じているのに、自分が演じるのと、海田が演じるのでは面白さが全く違うの?

それは、あなたがまだ初心者だからです。

タネとやり方だけに価値を感じているからです。

ウケるためのマジックの在り方を学んでいないからです。

最初から学び直せ、とは言わないよ。

そんな鬼教師じゃない。

だから、タネじゃない別の部分を、イチから学び始めよう。

僕と一緒に。

ゆっくり丁寧に。

お喋りも含めて継承させるから。

どうか一流になってほしい。

僕のメルマガを読んでいるからには、絶対にそうさせる。

それが、僕の使命。

MAGIC SECRETSの存在意義なのだから。

http://magic-secrets.net/v/l/1c/

 

■デック・カムフラージュの解説

とてつもなく古いDVDを見て、今更こんなマジック・・・

と思ってたけど、やってみると意外に驚かれるんですよね。

中級者以上の固定観念とプライドによって殺され、一生書物の中でしか語られない名作ってきっとたくさんあると思うんです。

今日は、その氷山の一角をどうぞ。

http://magic-secrets.net/v/l/26/

カテゴリー: マジック・技法の解説 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です