僕のクソ講師っぷりをご覧あれ。

こんにちは、海田です。

1月がもう半分以上終わってしまったなんて、相変わらず信じられないスピードで顔にシワが刻まれていきますね。

「新年明けましておめでとう」を、間違えて「あめまして」って書いて送信してしまった13日前が懐かしいです。

今日は、いよいよと言うべきか、満を持して「HERO」に関するとあるご質問にお答えしたいと思います。

じつは、販売開始時からこれまで、同じご質問を数多く頂いてきたんです。

いろんな方から、このたったひとつのご質問を。

———

「ザ・イントロダクション」を持っていますが、「HERO」との違いはなんですか?

———

でも、答えたくなかった。

こうやって記事にすることも悩んだ。

なぜならそれは、不透明なものだから。

プロモーションの最初でもお伝えさせていただいたとおり、「HERO」は「ザ・イントロダクション」の後継商品。

「ザ・イントロダクション」では、カードやコイン、日用品マジックを解説したが、

「HERO」ではカードマジックのみの解説となっている。

初心者向け教材なわけだから、当然「HERO」にて解説しているマジックは、「ザ・イントロダクション」とほぼ同じ内容だ。

(当時解説した技法の2019年仕様の技法アップデートを除く)

厳密に言えば、「ザ・イントロダクション」にて解説されていないマジックが、「HERO」で10個ほど解説されている。

したがって、残りの20個は「ザ・イントロダクション」で解説したそれと、ほぼ同じ。

でも、大事なのはそこじゃない。

「ザ・イントロダクション」はシーンに合わせて会話の雰囲気を変え、マジック業界で広まっている一般的な手順を解説したが、「HERO」はそのような縛りをなくして制作した為、完全に僕そのもの。

つまり、「ザ・イントロダクション」のような

「模範にしなければならない基礎的で一般的な演技」

では決してなく、

僕が友人を楽しませるためにいつも使っている話術やセリフ・ギャグをそのまま解説した、

「対友人向け」

の超実践型教材となっている。

サンプル映像をご覧になり、

「このギャグは自分には発言できない(このボディランゲージは恥ずかしくてできない)かもしれない」

と感じる方は少なからずいるだろう。

それは、その人と僕とじゃ、キャラが合わないってこと。

そのような方には、全く向いていないウンコみたいな教材だ。

(もしかしたら、発言の努力の末に、その内気な性格を「HERO」が変えてくれるかもしれないがそんなことはいまはどうでもいい。)

ついでに、基礎的で一般的な演じ方、つまり「基本の型」をまずは学びたいって人にも向いていない。

いきなり、僕の個性が大いに詰まった演じ方が強制的に刷り込まれる。

客との楽しそうな雰囲気を見て、僕の演技・セリフに洗脳され、それが史上の「解答」と認識し、自らのオリジナルの演じ方を考案する思考力も低下するだろう。

だから、あの時僕は自らをクソ講師と呼んだ。

そうならないために、特典としていろいろ付けているから、ぜひ期限内に手に入れていただきたい。

商品自体も好評だけど、特典もまた好評みたいだから。

覚えているかわからないけど、プロモーションの最初でこんなことを言った。

「どんなに簡単なマジックでも、セリフが変われば一流に化ける」

「HERO」は、それを学ぶための教材。

たとえば、YouTubeでマジックの動画を見るといい。

たいていのマジックは、ただ凄い現象だけのクソつまらん映像だから。

たとえば、僕が公開している「HERO」のサンプル動画を見るといい。

見てて楽しいと思うから。

「HERO」は、そこを目指す。

抜群に客を楽しませる話術を手に入れる。

一切無駄のない動きで、キレイな演技の運び方を手に入れる。

あなたをヒーローに変える。

そうなるために、たまたま簡単で初歩的なマジックを使っただけ。

だから、「HERO」において、解説したマジックなどどうでもいい。

それは、ご購入者様からいただく感想を拝見していてもそう思う。

このメルマガ読者の方々は、すでに初心者を卒業した方が多いことも、僕は知っている。

にもかかわらず、無駄な商品を紹介したりはしない。

無駄な商品を売りつけるくらいなら、ここで紹介せずひっそりと売るほうが性に合っている。

だから、すでに「ザ・イントロダクション」をお持ちの方で、「HERO」にもご興味をお持ちいただいているとしたら、安心してご購入いただきたい。

マジックの腕はそこまでレベルアップしないだろうが、話術は必ずレベルアップすると断言できる。

「ザ・イントロダクション」は「ザ・イントロダクション」で、物凄い教材だった。

だって僕が作ったんだから。

習得したテクニック、全82種のマジックの数々はどれも周囲を驚嘆させるものばかりだったはず。

そして、その事実は今も変わっていない。

マジックだけなら、「ザ・イントロダクション」の勝ち。

話術も同時にってなると、「HERO」の勝ち。

(だと思う。)

ただ、それだけの話なのです。

海田

http://magic-secrets.net/v/l/1c/

 

 

カテゴリー: カードマジック, 演技関連, お知らせ タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です