あなたのマジック、ヤバ谷園

Popteen読んでますか?

女子高生ギャル向けのファッション雑誌です。

ケバい化粧だったり、流行のファッションだったり、いろんな未知の世界を垣間見ることができるのですが、そんなものを見るために買っているわけではありません。

では、なんのために読んでいるかというと、

流行りの言葉を知るため

です。

最近、「卍(マンジ)」って言葉が流行ったじゃないですか。

僕の友人に、高校教師が何人かいるのですが、生徒が「卍」って書きすぎてウザいって言っていました。

たとえば、テストで名前を書く時。

「海田 卍 洋祐」 とか。

ちなみに、「卍」って「ノリがいい」とか、「やばい」とかいう意味らしく、

「超やばい」って言いたかったら、「マジマンジ」って言うんですよ。

知ってました?

 

たとえば、僕は外国に友人が何人かいますが、彼女たちがカタコトの日本語を喋っている時に、「マジデ?」って言ってたんです。

それがすごく面白かった。

カタコトで喋ってる時は全部敬語なんですよ?

なのに、僕が冗談を言ったら、「マジデ?」って言うんです。

「本当?」じゃなくて、「マジデ?」ですよ。

僕は、「一体誰が教えたんだよ?」ってことで笑ってしまったんですね。

これって、きっと、海は関係ないんです。

ギャップだと思うんです。

若い子にマジックを演じる機会があるなら、若い子が使う言葉を勉強してください。

使うだけでクスっとされますから。

「なにこのオッサン、ノリ良いじゃん!」

って思ってもらえるくらい使いこなせれば、場が凄く盛り上がりますし、なぜか仲間意識を勝ち取ることができます。

彼女たちが使う言語で彼女たちに語りかければ、彼女たちと共通点を作ることができます。

客の属性が前もって決まっているのなら、そういうリサーチも重要です。

これに関してはもっと深い話ができるのですが、今日はとにかく眠いのでこの辺りで切り上げましょう。

おっと、言い忘れるところでした。

こういう考えが、新しい「スマイル」を作るんですよ。

自分オリジナルのね。

そうやって、演技に華が添えられていくんです。

http://magic-secrets.net/v/l/1c/

 

 

カテゴリー: 演技関連 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です