ギャグがウケなかった時の絶望感・・・

マジックが上手くなればなるほど、いろんな疑問が出てくる。

上達の過程において、それは避けられない。

僕なら、それを解決し、あなたを伸ばすことができる。

だから、商品の中でわからないことがあったらすぐにメールをください。

最近は出張続きで、すぐに返信できないこともあるかもしれないけれど、一緒に悩んで、解決しよう。

そして、確実に上手くなろう。

それが、僕のサポートです。

——————————————-

オリジナルの手順、台詞を考えたのですが、ウケてもらえるか分からず不安です。

今度演じてみようと思うのですが、少しでも演じやすくする方法はないですか?

——————————————-

 

1.たくさんのオリジナルマジック、セリフを持つこと

たったひとつのみに全てを賭けると、失敗してしまったときのショックも大きいです。

ですので、2~3個のオリジナルマジック、セリフを用意しておき、2~3回(2~3日)に分けて相手の反応をチェックしましょう。

そうすることで、

「なるほど、こういうのがウケるのか」

というのが分かってきます。

 

2.一番見せたい相手は誰か、を明確にする

まずは一番見せたい相手から最も遠い方にマジックを見てもらうのがオススメです。

つまり、失敗してもこちらの精神的ダメージが少ない相手です。

実際僕も昔は、習得したてのマジックを妹に演じていました。

妹なんて、僕のマジックが成功しようが失敗しようがどうでもいいんですよ。

次は、祖母、その次は母親、その次がマジック仲間というように、段階経て最終的な観客である「友人たち」に演じるようにしていました。

そうすることで、そのマジックが友人にたどり着くまでにけっこう上達しているものです。

ですので、「そのマジックを一番見せたい相手」を今一度明確化し、いかに彼らにたどり着くまでに経験を積めるかを考えましょう。

 

3.勇気を持つこと

最初は緊張するのは当たり前です。

僕なんて必死こいて考えたギャグがウケなかった時なんて、死にたくなります。

しかし、やらなければ、結果はわからない。

それがわかっていれば、やるしかなくなる。

たとえ失敗しても、また新しいものを考えればいいだけの話。

そういうものです。

それくらい軽い気持ちで大丈夫なので、勇気を出して、演じてみてください。

たとえ失敗したとしても次がありますし、成功したとしても次を考えなければなりません。

結局、どちらに転んでも歩む道は同じなのですから。

http://magic-secrets.net/v/l/1c/

某漫画雑誌の話なのですが、中の人6割が面白いと思った漫画が掲載されるようです。

つまり逆を言うなら、4割はつまらないと思っているまま掲載されるということ。

たとえば僕は「ハンターxハンター」が好きですけど、僕の友人は大嫌いって言ってました。

それと同じで、僕のマジック、僕のギャグも最低でも4割の人がつまらないって思うわけですよ。

僕は現場でテストにテストを繰り返し、7~8割がウケたもの、笑ったものだけを採用している。

そんなデータがありながらもきっと4割は、僕を嫌うだろう。

でもそれは受け入れないといけないし、4割は捨てて考えなきゃいけないんです。

皆に好かれようと思っちゃいけない。

国民的漫画の「ワンピース」だってあれだけ人気なのに6割しか肯定派がいないんですよ?

だからとりあえず目指すべきは、あなた界隈で半分以上の支持率を獲得できるマジック、ギャグを持つこと。

そしてそのためには、勇気と修正が必要です。

何度もね。

海田

カテゴリー: 練習関連 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です