「エブリウェア・ミラクル」100個開封してみた。

過去のメルマガを、読み返してほしい。

僕がいつも後悔していることに気づくはず。

「カードマジックやって!」

ってお願いされても、カードを持っていない時が多すぎて。

その辺の日用品を使ったマジックしかできなかったって。

そのマジックは、僕にとってのベストではなかった。

でも、手段は違えど友人を楽しませることが出来たのは、日用品マジックを身につけているからに他ならない。

僕ね、むかしこう言われたことがあったんですよ。

「あぁ、あのカードだけの人ね。」

って。

その言葉を、もうずっと忘れられない。

たぶん、このままいくと、一生覚えてると思う。

でもその言葉が、僕を「エブリウェア・ミラクル」の制作に導いたと言ってもいい。

僕は、いつだって、どこだってマジシャンでありたいから。

これは、僕が自分のために作った作品。

「2019年の僕が日用品マジックを身につけるなら、これを覚える。」

っていう厳選日用品マジック集が、この教材には詰まっている。

古今東西5,000の中から選ばれた、約60個の日用品マジックたち。

使えないものは、たったひとつとして入っていない。

一発芸にふさわしい選ばれし日用品マジック集だと思ってくれていい。

だからもしあなたが、僕と同じように

・いつだって、どこだってマジシャンでありたい
・要求されたら迷うことなく、目の前の何かを取ってマジックを演じたい
・ポケットに入れておくだけの、すぐに使えるギミックがほしい

と思っているとしたら、これはあなたをまさにそのとおりにするだろう。

練習もあまり必要なく、知識として知っておけばすぐに演じることの出来る優秀なマジックばかりを解説した。

見た瞬間、即レパートリーに加わるだろう。

その簡単で実用的なマジックの数々は、準備不要なものや準備が必要なものなどたくさん解説しているが、

ひとつだけ共通していることは、

どれも単純明快なトリックで、客を驚かせるものばかり

ということ。

学校でも職場でもカフェでも居酒屋でも、場所などどうでもいい。

その場にあるものを使うから限りなく自然で、マジックマジックしないからスマートに見える。

中には練習が一切いらないものだってある。

まぁ僕が練習不要なんて言っちゃいけないんだけど立場的に。

でも事実だから、曲げようがない。

だから、カードばかりじゃなくて、もしものときのためにこういったマジックを知識として知っておいて。

日用品マジックは、正直これだけでいい。

百科事典みたいになっているから。

この教材だけですべてが事足りる。

そう思ってもらえるように作った。

僕が、そう思えるように作った。

僕は、誰にもバカにされない、

「いつでも、どんなときでもマジシャン」

でありたいから(を育てたいから)。

http://magic-secrets.net/v/l/2b/

(新しい動画を公開しました。表示されない場合はページを再読込してください。)

(6月13日、値上げいたします。)

海田

カテゴリー: 日用品マジック タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です