初対面で、マジシャンの自己紹介

たとえば、初めましての相手にマジックを演じたい。

「こいつのマジック凄いんだぜ?!」って褒めてくれる友人たちもその場にはいない。

でも、いきなりカード(コイン)を出すのはちょっと・・・

「マジック見て!」なんて、超ド級のド素人展開だけは死んでもしたくない。

もっとさり気なく自分の趣味のマジックを披露できないかなぁ・・・

って思ったことない?

そんなときは、「エブリウェア・ミラクル」が一役買ってくれる。

僕はいつも、自分がマジシャンだと知らない人に出会った時、

「天才プロマジシャンのマジック見たくない?」

「見たいけど、誰の?」

「いや、俺のことだよ(笑)」

というギャグを放ってから、そこら辺にある小物をとってマジックを演じるのがここ最近の流れ。

自分で天才って言うのはとてつもなく寒いんだけど、でもギャグだからサラッと笑いながら言える。

もちろん相手も、僕を天才だと思っていない。

「へぇー、手品できるんだぁ」くらいのもん。

「でもどうせ子供騙しでしょ?」としか思われてない。

完全に、エセマジシャン扱いだ。

でもそれでいい。

そうやって自らの印象・地位を低いポジションに置いておく。

相手の期待値は、ほとんどゼロ。

なんならそのマジックが失敗しても、誰もあなたを責めない。

「タネ見えた?ハッハッハ」で、笑ってギャグで終われる。

(でも僕のメルマガ購読者なら、ここで失敗はしないでほしいが)

さて、マジックを演じる最高の環境は整った。

僕はいつもと同じように最高のトリックを披露する。

相手の目は点となり、お決まりの「もう一回やって!」という言葉が連呼される。

期待値が最低だったおかげで、僕はその人にとって「天才マジシャン」となり、ブランドは確立した。

この巧みな戦略と、「エブリウェア・ミラクル」の知識を知っているだけで、こんなに楽しい人生が送れる。

あなたは目の前にある何かを取ってマジックを披露するだけ。

それだけで、初めましての相手との人間関係が上手くいくんです。

「エブリウェア・ミラクル」は、あなたを天才マジシャンに変える戦略をも手に入れることが出来る。

いつだって、どこだって、誰が相手であろうとね。

http://magic-secrets.net/v/l/2b/

(サンプルマジックを公開しました。表示されない場合はページを再読込してください。)

(6月13日、値上げいたします。)

カテゴリー: 日用品マジック タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です