パジャマでマジックしてみた。

僕がこれまで出会った中で、いちばんの天才をご紹介しよう。

中学生の時の、数学の家庭教師だ。

僕は、彼の出す数学の問題が全く解けない。

そもそもその「問題」の意味すらわからないし、何を解いてほしいのかもわからないし、何が「問題」で何が「解答」なのかもわからない。

たとえば、A4用紙に、

「ここに直角三角形がある。どれでもいいのでひとつ、辺の長さを求めよ。」

いちばん簡単そうなやつで、こんなかんじ。

それ以外は、何も書かれてない。

中学生の頃なんて、直角三角形の絵が問題の横に描いてあっても良いだろうに。

いつの間にかポケモンの話にすり替えて授業を放棄するレベルだ。

彼のする授業は、いつも意味不明なものが多かった。

あれは、どちらかというと、数学というよりも哲学の授業だったと思う。

たった一問を解くために2時間を費やしていた。

ヒントすら教えてくれないし、「これで合ってる?」と訊いても、ひたすらポーカーフェイス。

これじゃ全く勉強にならないと言って、僕は彼にクビを言い渡した。

マジックを教える仕事に就いて、よく彼を思い出す。

彼は教育者ではなかった。

確かに頭は良いかもしれないけど、人に教えることにおいては、超ド級に下手クソだった。

教育とは、生徒のレベルを把握し、教育者がそのレベルまで降りてきて、対話することによって初めて成立する。

難しい言葉を使うなら、簡単な言葉に置き換えて解説し直さなければならない。

これが、なにより難しい。

という前提ありきで話を進めるが、少しの間だけ、YouTubeでマジックを解説しようと思う。

それも、教育者の視点から、きちんとクレジットを添えて。

あらかじめ伝えておくと、僕が解説するマジックは、無料レベル以上~商品レベル以下のもの(僕基準)となる予定だ。

なので、僕の商品レベルのマジックが無料で学べるというわけではないので、
期待してしまった方は申し訳ない。

あくまで、僕が商品の中では取り上げないマジック・技法限定。

しかし、ある人にとっては有料級だし、またある人にとっては学問としてのマジックを学ぶ良い機会になるかもしれない。

いずれにせよ、あくまで僕の商品の「無料おためし版」のような位置づけになり、

初心者卒業~中級者未満のカードマジック・技法がメインとなる。

でも、どうして急にこんなことをしようと思ったかって?

YouTubeで他の誰かが解説しているマジックが、中途半端だなぁって前から思っていたから。

なんかおかしな技法や、指の動かし方、いわゆる間違った方法でマジックを教えている人がいたり。

本当の技法名はそれじゃないのに海外の誰かが勝手につけた技法名をそのまま解説してるYouTuberのせいで、なぜか日本のマジシャン(YouTubeでマジックを学んでいる人限定)だけが変な名前でその技法を覚えていたり。

勝手に日本向けの技法名を作られるとこっちとしては気味が悪いし、これ以上間違った方法が広められるのは嫌だと思っていた。

本当に、ずっと前からそう思っていた。

が、どうすることもできなかった。

僕がいくらメルマガで叫ぼうとも、YouTubeにいる人たちには届くことはないから。

たとえば、こんなメールを立て続けにいただいたことがある。

「私はよく、あいうえおコントロールを使ってトップコントロールをしているのですが、このコントロールに似た別のコントロールはありますか? あれば、お教えください。」

あいうえおコントロール?

な ん で す か 、 そ れ は ?

もちろん「あいうえお」の部分は、もっとマジックらしいカッコいい名前だったよ。
(ここでは隠すけど)

話を聴くうちに、「あぁ、アードネスのやつね。」となった。

そういうことが、最近本当によくある。

もしかしたら、僕のほうが間違っているんじゃないのか?と思ってしまうほど。

知識としてのゲシュタルトが半ば崩壊しながら調べてみるものの、

「いや、やっぱおかしいのは日本のYouTube界隈だけだよな」

と、なる。

だから。

僕の動画を通して、どうか正しい技術と知識を身に着けてほしい。

近々、2つの新商品を発表する予定なので、僕の商品を知らない人は、どんなものかわかるだろうし、他のマジシャンと比べても圧倒的な知識力の差を見せつけることになると思う。

でも、最初に話した「良い教育者の条件」という縛りがあるから、最初のうちは、簡単なクレジットを述べるだけに留めるつもりだ。

でも、2回目、3回目と動画を撮っていくうちに、より詳しい動画にしようと思っている。

回を増すごとに難しい言葉が出てくるだろうが、マジックを上手くなりたいなら頑張って吸収していってほしい。

より一層、僕の商品で学ぶマジックが楽しくなると思うから。

というわけで、パジャマ姿でマジックの解説をする、パジャママジシャンの海田です。

はじめまして。

http://magic-secrets.net/v/l/2c/

 

追伸

ちなみに。

数年後、彼は日本一の大学院に入学した。

でもそこは、彼レベルの天才がそこら中にゴロゴロいる世界。

そこでトップをとることは、至難を極める。

毎日成果の出ないハイレベルな研究の繰り返しだ。

あなたは、そんなところに行く必要はない。

最もビジュアルなマジックを、最も少ない練習時間で、最も丁寧な解説を心かげる、

僕から学べるのだから。

カテゴリー: お知らせ, マジック・技法の解説 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です