ここはバックルを使いましょう。

海外発祥の最新技法は、とくに、書籍化されて発表された技法は、長年の歳月を経て日本にやってきます。

短くて3年、長くて30年。

日本に来た時には現地では廃れており、危篤状態の技法を日本人は学ぶわけです。

DVDならすぐに来るんですけどね。

DVDは、海外で販売開始されて1週間後には日本でも購入できます。

問題は、DVD以外の形式で発表された最新技法です。

そのことを一切知らず、30年前に出版された書籍を嬉しそうに手に取り、「最新のもの」として学習する日本人マジシャンたち。

それらの商品で、彼らはいったい何を学ぶのか?

解は、「クラシック(古典)」

古典を学び、現代風のマジックにアレンジするつもりで学びましょう。

必ずそう考えて練習しなければ、古い技法が定着してしまうからです。

たとえば、最近日本で出版された書籍で、

「ここはバックルを使いましょう。」

と解説されていたら、あなたはどうしますか?

正直、今の時代にバックルを使う人は、もう考えが古い人だと言えます。

バーノン時代(1960年)のマジックで、時が止まっている人ですね。

それよりも、その一世代後に発表されたラリー・ジェニングスのピンキー・プル・ダウンに変えるべき。

いまの時代、クラシックは雰囲気だけを残すのが基本となります。

雰囲気だけ残し、ハンドリングはモダン化する。

そうすることで、現代で通用する最新のクラシックとなる。

「でもそれは、対マジシャン相手だけでしょ?」

なんて思ってはいけない。

今は、デジタル全盛期。

マジックのタネなんて、誰もが知り得る時代です。

アンビシャスカードのタネはYouTubeで小学生が解説し、様々なネット掲示版に「タネ教えて」と書き込むこともできる。

今や、望むなら誰もがタネを知ることの出来る時代なのです。

そんな時代に、今のままでいいのでしょうか?

このまま日本のマジック市場でマジックを学び続けるのは、果たして正解と言えるのでしょうか?

それよりも。

日本人が知らない最新のマジック・技法をいち早く手に入れ、そこら辺のアマチュアを過去に置き去りにしませんか?

彼らとは比べ物にならないほどの最先端技術を、誰にもバレずにこっそり自宅で身に着けませんか?

OSPがあれば、あなたは未来に生きることになります。

そう、10年後に同じものを学ぶであろう日本人マジシャンたちにとっては。

http://magic-secrets.net/ms-tus/osp2/

 

海田

 

 

■「リフル・ポップ!」の解説

 

ピーター・ダフィーのプロダクションです。

http://magic-secrets.net/v/l/17/

 

撮影は、2人がかりで行っているんですが、無料動画に無駄な人件費使う必要はないかなぁと考える時があります。

でも、カメラマンがいたほうが圧倒的に良い絵が撮れるんですよね。

僕、映像にうるさいから。

だから、いちばんわかりやすいでしょ?

「視聴者が見たい角度から撮る」
「見たい部分をカメラで追い、そこは常に画面の中央に」

これを徹底して作ってると、どうしてもひとりじゃできない。

でもまぁ無料動画はそんなに徹底しなくていいか、と思う今日この頃であります。

 

カテゴリー: お知らせ, マジック・技法の解説 | タグ: , , , , , , , , | コメントする

ノー・ギミックであるという条件

その日僕は涙を流しながら、MAGIC SECRETS最期の舞台でマジックをしました。

そのスタジオは、かつて僕にたくさんのマジックを生み出させてくれた生命の泉です。

僕はどうしてもそこを離れるのが嫌だったので、4日間そこに毛布を敷いて寝ました。

すると、あらゆる記憶が頭の中を駆け巡ります。

マジックの解説を収録した時も。
ヒンバーの職人さんにブチ切れた時も。
加藤が作ったインスタント味噌うどんに感動した時も。

そのスタジオは、いつだって白に包まれていた。

それが今や、炭がすべてを支配している闇の世界に。

そんな場所から、僕はパート2をお届けしています。

 

 

■ ノー・ギミックであるという条件

OSPでは、トリックカードやブランクカード等は一切使用しません。

レギュラーデックのみで起こせる奇跡の現象の数々は、100%・ピュア・スライト・オブ・ハンド。

だから、プロモーション映像を見て、

「この現象はトリックカードを使わなければ達成できない」

と疑ったとしたなら、そんな考えは即刻捨て去ってください。

それは紛れもなく、一切仕掛けのないレギュラーデックで実現し得る驚異の方法だから。

借りたデックで演じることができ、客の期待を決して裏切らないそのトリックは、すぐさまあなたのお気に入りになるでしょう。

他にも、コントロール要素ゼロのトップコントロールや、スーパービジュアルなチェンジ、カードの浮遊、ホーンテッドデックなど、あらゆるタイプのマジックを解説しています。

3ヶ月前にもお伝えしましたが、

OSPで解説するマジックは、決して色褪せません。

この前、久しぶりにパート1を見返したんですが、

「なにこれすげー、どーやってやったの、海田さん?!」

ってマジックがたくさんあった。

全く褪せてない。

まぁ日本にまだ来てもないマジックばかりですから、当たり前といえば当たり前なんですが。

もちろんそれは、パート2でも同じこと。

時代を越えても、不変の存在であり続けるマジックを厳選して収録しました。

僕のバリエーションは、オリジナルを超越し、より学びやすく、より実践向きに改良されています。

まずは、演技を見て、

「すごい」

と思わせ、

解説を見て、

「なんか自分にも真似出来そう」

と、確実にイメージさせる。

そして、刹那の迷いもないままに、あなたを修練へと駆り立てるでしょう。

時間をかけて練習し、
最高にビジュアルな最先端を身に着けてください。

その先にあるものは ―― 。

「おまえのマジックを見てると、いつからだろう、
テレビで見るマジックが凄いと思わなくなったんだよね。」

あなたのマジックも、友人たちからそう言われますように。

http://magic-secrets.net/ms-tus/osp2/

 

追伸

予定では、本日より順次出荷開始でしたが、昨日より出荷作業を開始していたしております。

「販売おめでとうございます。」
「ちゃんと寝て、ちゃんと休んで下さいね!」
「スタートされ良かつたです。応援します。」
「過去は過去として受け止め、次なる夢にむけ、飛翔することを期待します。」
「良きスタッフとともに、頑張ってください。」

様々な温かいお言葉を頂き有難うございます。

すべてに直接お返事することが出来ないのが非常に心苦しいですが、すべてのメールに目を通しており、励みとなっております。

本日夕方以降、もしくは明日、パート2がお手元に届く方が多いと思われますので、よければ以下の動画をご覧ください。

http://magic-secrets.net/v/l/16/

 

商品に関して、サービスに関して、梱包に関して、ご要望などございましたらお気軽にご連絡くださいね。

時間は掛かるかもしれませんが、可能な限り対応させていただきたいと考えておりますので。

今後もより良いショップを目指していければな、といつも思っています。

 

カテゴリー: お知らせ | タグ: , , , | コメントする

パート2販売開始

2004年、新潟中越地震。

壊滅的な被害を受けたが、翌年に震災からの復興を祈願して、大きな大きな花火が打ち上げられた。

「何度、被害に遭っても、不死鳥のように甦る」

というメッセージを込め、この花火は「フェニックス」と名付けられた ―― 。

 

当時の僕は、自分の命と引き換えにできるなら悪魔とでも契約を交わすくらいの気持ちでした。

僕が死んだら意味ないんだけど、後先考えずにそんなことを思っていた。

その後、時が僕を癒し、心が静けさを取り戻すと、こう思った。

それくらいの気持ちで製品を作ってたんだなぁ、って。

いろんな人が「幻の〇〇」とかいう宣伝文句で商品を売ってるけど、そんな中途半端なやつらにこう言ってやりたいよ。

「おまえら、これが本当の“幻”の意味だ」って。

気軽に使えるような言葉じゃないってこと。

僕は、十分わかってそう言ったつもりです。

 

それでは、いよいよパート2の販売を開始いたします。

時間旅行の準備はよろしいでしょうか。

部屋のドアを閉め、電話線を引っこ抜き、最速のネット回線に切り替え、イヤホンを耳に、深呼吸して、プロモーション映像をご覧ください。

今日、この瞬間から、あなたのマジックは完全に規格外のものへと生まれ変わります。

最高の講師から、最先端を日本語で学び、全く新しいアンダーグラウンドな技術を身に着けてください。

そして、桁外れに素晴らしいマジックたちを大いにお楽しみください。

久しぶりの大型教材のリリースです。

おそらくサーバーは落ちるでしょう。

ページすら表示されないかもしれません。

注文もうまく行えない可能性もあります。

それでも諦めず、必ず手に入れてください。

そして今日という日を決して忘れないように。

普通の会社にとっては小さな一歩ですが、
MAGIC SECRETSにとっては、大きな一歩です。

 

http://magic-secrets.net/ms-tus/osp2/

カテゴリー: お知らせ | タグ: , , | コメントする