Overseas Project



※OSPで解説されているマジックは、原案ではなく、僕:海田のバリエーションになります。


ご購入はこちら


この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

新規コメントを書き込む

ご購入はこちら







こんにちは、海田です。

ついに、OSPを世に送り出す時がやってきました。

すでにメルマガでお伝えさせていただきましたが、OSPは海外でしか手に入れることができない希少なカードマジックを厳選して解説したDVD教材です。

アメリカ、フランス、スペイン、アイスランド共和国、ポルトガル、ルーマニアなど、様々な国のマジシャンが考案した大変ビジュアルなエフェクトを、僕が独自のバリエーションを加えて日本語で丁寧に解説しています。

28の技法と、それらを最大限活かす23種のマジックは、あなたのマジックに対する考えを180度変えることになるでしょう。

解説されている全てのマジックは、ノーギミックで、100%ピュア・スライト・オブ・ハンドです。

カードコントロールだけでも何種類もの方法を解説し、即席でできるマジックや立ったまま演技可能なもの、はたまた座った状態のものまで数多く解説しています。

もちろん、クレジット(考案者への敬意)の記載にも細心の注意を払いました。

マジックの業界ほど、著作権がだらしない業界は他にありません。

プロでさえ、昔の偉大なマジシャン達が考案したマジックを、さも自分が考案したかのように本を出版している。

書籍の末尾の空きスペースに、参考文献すら記載しない。

本来は、そうであってはいけないのです。

このマジックの考案は誰か?
この技法は、誰のどの技法からインスピレーションを受けて生まれたのか?
この現象に類似した他の現象はないか?

僕は、それらを正確に伝えてこそ、その技法の歴史や知識なども同時に学ぶことができるのではないか?と思っています。

なので、解説の随所で紹介されているクレジットの記載に目を凝らし、考案者に敬意の念を抱きながら学んでいただければ嬉しいです。

正直、他のマジックショップでカードマジックのDVDを10枚買って3万円払うより、OSPのほうが価値が高いと思います。

OSP制作のために、いくらお金を無駄にしたか分かりません。

日本で売られているマジックの商品同様、「こんなのできるわけないだろ!」とツッコミを入れたくなるようなマジックの商品は、海外でも当たり前のように販売されているのです。

OSPでは、実践で使えない技法・マジックは、排除して解説しています。

つまり、OSPでご紹介している全てのマジックは、実践レベルで演技可能だということです。

簡単なものから難しいもの、角度に弱いものから強いものまで多数解説していますが、最も大事なことは、これらの技法・マジックを、“いま”日本語で学べるという現実です。

自分にこう問いかけてみてください。

もっと違うマジックをしてみたくはないか?
他のマジシャンたちと比べられるのは、真っ平ご免だ。
他の誰も知らない技法を使いこなしたい。

そう思っているなら、OSPはピッタリです。

日本に蔓延る他のアマチュア達が知らない世界を、創り出そう。

「こんなマジック、今まで見たことない。」

どうせなら、そんなかつてない体験を、友人たちに与えてあげよう。

もしかしたら、それがあなたの個性作りに繋がるかもしれません。

テレビで見るマジックなんかよりあなたの異質な世界観に価値を感じてくれるかもしれません。

とにもかくにも、海外でしか学べないアンダーグラウンドなテクニックを日本語で学べるのは、OSPだけです。

試しにOSPで学んだマジックをプロマジシャンに演じてみてください。

彼らは口を揃え、また、恥を忍んでこう言うでしょう。

「なぁ教えてくれないか。そのマジックは、どこで学べるんだい?」と。

それだけのインパクトを兼ね備えたアンダーグラウンド・カードマジック集の傑作:OSP。

最高のテクニックをモノにして、そこら辺のアマチュア達を蹴散らしてください。



ご購入はこちら

OSPはもともと「ザ・イントロダクション」ご購入者様を対象に販売させていただいた商品です。しかしながら、現在は「ザ・イントロダクション」を未購入の方もご購入頂けます(期間限定)。この試験的な販売は、予告なく終了させて頂きますので、予めご了承下さい。





商品画像

画像1  画像2  画像3  画像4  画像5  画像6  画像7

商品画像



ご購入はこちら





「オウ スナップ!」(クレジット:JP ヒラリオ)実演動画



  • とても簡単に行えます。コントロールすら必要ありません。素人レベルですが、非常にウケます。

  • 原案では、デックを演者の胸の辺りで行なっています。しかし、それでは、明らかに演技が怪しく見えます。なので、デックはいつもの両手のポジションで、さらに原案よりもカードを分ける瞬間を簡単に行えるよう工夫しました。

  • 原案の方よりも、見た目の怪しさがなくなっておりますので、気にいっていただけると思います。

  • OSPで解説されているマジックは、原案ではなく、僕:海田のバリエーションになります。





「シャーケン」(クレジット:ヘルダー・ギマレス)実演動画



  • レギュラーカード6枚のみで行う「オイル&ウォーター(水と油)」の現象です。OSPでは、仕掛けのあるカードは一切使用しません。

  • 少々練習が必要ですが、原案よりも簡単に行えるよう工夫しております。

  • 工夫したのは、2段階目の黒と赤の分離のシーンのみですが、こちらのやり方のほうがよりスマートに演じていただけると思います。

  • OSPで解説されているマジックは、原案ではなく、僕:海田のバリエーションになります。





「オービネイス・チェンジ」(クレジット:クリス・ブラウン)実演動画



  • カードコントロールにはフラリッシュ(モレキュル・カット/クレジット:ダン&デイブ)を使用しております。練習が必要です。

  • このチェンジは、原案ではかなり映像向けの技法です。実際に演じるには、相当の練習量を必要とし、たとえ練習したとしても怖くて演じることが出来ない方も多いと思います。僕:海田は練習好きなので、そのような映像向けの技法も好んで使用しますが、誰もがやはり実践で使いたいと思うはずです。今回の解説では、無理な方法を排除し、実践向けのやり方を解説しております。

  • OSPで解説されているマジックは、原案ではなく、僕:海田のバリエーションになります。



ご購入はこちら





Overseas Project / Copyright © 株式会社A&Gウェブ All rights reserved. / 複製・転載等を禁止します。