簡単!トランプマジックのカード当て新技法「タッチ・フォース」の種明かし解説。予言マジックの知恵

こんばんは、海田です。

いつの間にか3月が半分も終わってしまって、

3月中の発売開始は果たして間に合うのか?!

という焦りが表れ始めましたが、間に合わないことよりも品質管理を徹底したいのでもうしばらくお待ち下さいね。

というか、ついこの前「あけましておめでとう」と言った気がするのにもう少しで4月とかヤバすぎますよね。

僕はもうこれ以上の老化には耐えられない。

さっさとスマホが目の中に入って、脳とインターネットが繋がって、DNA遺伝子を自由にプログラミング改造してシワやタルミをワンクリックで修復できる世界になればいいのに。

・・・おっと、話が飛躍しすぎましたが、現実はというと、D6の品質検査を行っている段階で、それが終わればいよいよ販売開始となります。

(以下、発売開始商品をまとめました)

新発売
Overseas Project 3
ビューティ・ミッション
4~5年ぶりの再販
ヒンバーワレット(パスケース)
Escape Artist
December6

次回のメルマガで
具体的な販売開始日を発表させていただきますのでお楽しみに。

 

■ 息子「ねぇ、俺マジシャンになりたいんだけど」

僕の商品はこれまで数多くのプロマジシャンを生んできた。

初心者からはじめて、今やマジックバーでマジシャンをやっている方はたくさんいる。

この前も、久しぶりですってTwitterでDMをいただいた。

なんなら世界のマジシャンの頂点を狙っている方もいる。

本当に嬉しく思う。 ほんとうに。

うまくマジシャンとなり生計を立てることに成功した人たちは一体何をどう考え自分の職業を決めたのだろう。

他人の人生を自分に投影しながら、そんな事を最近よく考える。

コトの発端は、以下のツイートから。

 

ことし小学校に入学する子どもたちの65%は、今の時点で存在さえしない職種に就くことになる。

今日のお話は、このIBMの衝撃的な研究レポートを知っていなければワケワカメかもしれない。

僕の個人的な話で申し訳ないけど、最近、垢抜けた。

なんか、色々どうでもいいやと思い始めた。

だから、今日のメルマガも書くことができたんだと思う。

僕の母親は常識人なので、僕の仕事はありえないと思っている。

きっと、今でもそう思っている。

応援されたことは一度もない。

自らの意志と信念だけで、僕はここまで突き進んできた。

海田の智くんのほうはオリックス・バッファローズで親からとてつもなく応援されているのにね。

それを見て何度も羨ましいと思ったし、同時にとてもとても悲しかった。

彼は地元のヒーローで、僕はわけわからん稼ぎ方をしている地に堕ちた闇の商人。

僕は自分に子どもが生まれたら、もしかしたら母親には一切会わせないかもしれない。

「常識」の教育は、9年間の義務教育だけで必要十分。

過去の固定観念に囚われず、もっと柔軟に最新のテクノロジーにワクワクして常識とか非常識とか関係なく伸び伸び生きてほしい。

こんなことを話すと、今日の海田は久しぶりに海田らしくてブッ飛んでいると思われるかもしれませんが、そんなことは決してなくて。

きっとあなたにも人生で悩んでることはあると思う。

本当はマジシャンとして活躍したいのにどうすればいいかわからないとか。

本当はこのマジックをやって世界に羽ばたきたいとか。

なんならマジックとかどうでもよくて、世界一の作家になるんだとか。

誰もが無理って言う、そんな夢があると思う。

それを壊しているのは、もしかしたら親かもしれないよ?

むかし、ロバート・キヨサキ著「金持ち父さん貧乏父さん」という本を読んだ時、こう書いてあった。

「一生懸命に勉強していい成績をとれば、いい会社に入ってたくさん給料がとれるようになる」

両親は私にそう言い続けてきた。

こども達に大学教育を受けさせよう。そうすれば人生で成功を収められるから、と。

親の期待に添うべく私は上を目指してひたすら働き続けた。

しかし、私は自分が両親から言われた事を、そっくりそのまま息子に言っている事に気付き始めた。

世界はこんなにも変わりつつあるのに、親が子に与える忠告は何一つとして変わっていないのだ。

いい教育を受け、いい成績をとるというのはもはや成功へのパスポートではない。

それなのに、だれもその事に気付いていない。こども以外誰も。

ロバート・キヨサキ著「金持ち父さん貧乏父さん」より引用

 

この本には数多くの人生の名言が書かれているが、他のどの名言よりもこの言葉は僕の心に強く響いた。

偏った考えと言うのならそれで終わりなんだけど、
きっとかつての僕のように悩んでる人っていると思うんです。

あなたを愛すが故に間違いなく親は反対するんだけど、まずは説得することから始めてみよう。

それでも無理なら、そこで初めて我が道を進もう。

諦めるという選択肢は、僕たちの辞書にはない。

でもね、その仕事を「悪」だと思われておきながら突っ走るなら、絶対にブレないで。

描いた未来を忘れず常に思い出し、信念を曲げずに続けてほしい。

幸いにも僕には、実績ができた。

たくさんの素人が僕の商品からマジックをはじめて無事プロマジシャンになった。

「すごいマジックを教えてくれてありがとう」とか
「出来なかった技法ができるようになったよありがとう」とか
「自分の経営しているバーがマジックバーになりました」とか

そのそれぞれの一文は、間違いなく僕の生きた証になっているし、もし許されるならその人の記憶の中で永遠に生きていたい。

本当にこの仕事を選んでよかったと思う。

いいですか。

自分のやる仕事が100%正しいと信じて突き進まなければならないんだけど、後になってから「正しかった」とわかるんです。

それをどうか忘れないでほしい。

誰がYouTuberを想像できた?
誰がインフルエンサーという仕事が成立すると思った?
誰がこんなに動画編集が一般に普及すると思った?
誰がスパチャで稼げると思った?あんなのただの寄付ビジネスだよ?

ことし入学した小学生が成人し就職する時、65%は2021年の時点で存在さえしていない仕事に就く。

可能性は無限大なんですよ。

過去に囚われるのではなく、未来に生きてください。

親や他人に強制された思考を鵜呑みにし、閉じこもるのではなく、その檻の外を自由に羽ばたいてほしい。

あなたのマジックを日本中の人に、いや、できるなら世界中の人に見せてあげてほしい。

海や人種を超えて驚きと感動を与えてほしい。

だって、僕の商品でマジックを学んでいるんだから、
それくらいの知識と技術は持っているはずだもの。

簡単!トランプマジックのカード当て新技法「タッチ・フォース」の種明かし解説。予言マジックの知恵

 

追伸

老人の死に関わる看護師がこう言っていました。

死ぬ時、みんな何を言い残すと思う?

「もっと挑戦すればよかった」って言って死ぬんだよ、みんな。

その言葉をいちばんよく聞く。

僕、わかるんですよね、それ。

絶対にあなたも言うと思う。

だから、もっと挑戦して。

人生は、自分が蒔いた種しか実らないんだから。

失敗してもいいじゃない。

やらずに死ぬなんて考えられないよ。


共有:
カテゴリー: カードマジック, 未分類, マジック・技法の解説 | タグ: , , , , , , , , , | コメントする

【世界一速い神業マジック】一瞬で変化するカードマジック・テクニックの種明かし!ウケるマジックの知恵

さて、重大発表の時間です。

ヒンバーとEAは、

2021年限定色

が出ます。

詳しくは、本日の動画にて。

 

■あのマジシャンよりも凄いと言われる方法

僕は、

OSPシリーズやビューティ・ミッションのような

誰も見たこともないようなマジック

を得意とするもんだから、

「海田さんって普通のアンビシャスカードとかしないんでしょ?」

というイメージを持たれがち。

だが、決してそんなことはない。

「HERO」で解説したマジックはどれも簡単だがしかし僕がいつも演じている手順そのものだ。

なんなら昨日も、めちゃくちゃ普通のアンビを演じたばかり。

でもあまりに有名すぎるマジックは、リクエストがあったときしか演じない。

「この前テレビで見たアレやってほしい」みたいな感じで。

今日は、それに対する最も良いルーティンを考察していきたいと思う。

で。

いきなり結論から話すんだけど、

そのとき流行ってるマジックをするのがいちばん客の反応が良い。

スナップディールを使うマジシャンがテレビで何度も取り上げられて、反響が凄かったらそれを演じる。

アンビシャスカードならアンビシャスカードを。
ルービックキューブならルービックキューブを。

オリジナリティには欠けるけど、全く同じものをリアルで見せてあげる姿勢は、単純に客の反応を取りにいくだけなら非常にお勧め。

そりゃそうだ、すでに客の中で熱狂している現象なんだから、それに乗っかりさえすれば反応は良いに決まってる。

僕はあまりしないけど、それでも過去に実際にテストをして検証したことがあるからお墨付きだ。

しかし、これだけで終わるなんてもったいない。

せっかく僕のマジックを期待して、懇願してきた友人にさらに上の驚きを提供したい。

さぁ、あなたならどうする?

僕は最近になってようやく言語化できた。

「この前テレビで見たアレやってほしい」

これの最高の活かし方を。

たとえば、

「トランプが一番上にあがってくるマジックをやってほしい」

と言われたとする。

この時点で、十中八九アンビシャスカードのことだと察するわけだが、

「このマジックのことかい?」と言わんばかりに適当に2~3回あの一般的な現象を披露してみせる。

ここからがポイントだ。

僕は知らずしらずのうちにやってたんだけど、

「もっと凄いマジックがある」と言って、

ビューティ・ミッションに解説している全く新しいタイプのアンビシャスカードを演じるわけ。

そうすることで、

「なにこれ、テレビで見たやつよりすごい」

となる。

「なにこの人、あのマジシャンより全然凄いじゃん。」

という圧倒的な印象を与えることができる。

もちろん僕の商品で解説したマジックじゃなくてもいいんだけど、何でも良いから「テレビ以上」を持っておくと有利。

こういった順番で演じると、元々すごいマジックがもっとすごいマジックに見えるし、

テレビに出たマジシャンを利用して自分をもっと凄いマジシャンとして印象づけることができるから、

見せ方ってほんと大事。

さぁ、少しだけ考えてみましょう。

あなたが昨日演じたそのマジックを

もっと凄いマジックだと印象づけるためには、一体どんな別のマジックが必要でしょう?

「同ジャンルにおいて、さらに不可能性の高いマジック」

闇雲に練習するのではなく、戦略的に思考しながら練習すると、最も良いルーティンというのが見えてきます。

もし可能なら、OSPパート3とビューティ・ミッションが、

あなたのマジックの凄さを強調する手助けができますように。

3月発売開始ですのでお楽しみにお待ち下さい。

【世界一速い神業マジック】一瞬で変化するカードマジック・テクニックの種明かし!ウケるマジックの知恵 サンドイッチカード

それでは、また次回。

海田

共有:
カテゴリー: カードマジック, マジック・技法の解説 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントする

【凄い】客のカードがピョンッと出てくるトランプマジック(種明かし付き)

こんにちは、海田です。

ホントはメルマガを書くつもりはなかったのですが、誰からもバレンタインのチョコをもらえなかったストレスで気づいたら筆を執っていました。

というのはもちろん冗談(でありたい)ですが、最近のことを少しだけ記しておこうと思います。

まず、自社製品を盛大にディスるのですが、Escape Artistって本当に作るのが面倒くさいということです。

作る度に、職人が頭を抱えています。

EAは、2013年の発売開始からこれまで2~3回の大量生産をしてきました。

おかげさまで再販してもすぐに完売し、売られていた時間は限りなく短かったと思います。

じつは、普段使っているバイシクル、数年単位で少しだけカードケースの大きさが変わっているのをご存知でしたか?

しかも紙の材質もリサイクルマークが付いたり付かなかったりで、様々な「見えない変化」があります。

大きさで変化してるのは、約1ミリ程度なんですが、1ミリも変わってしまうと、ギミックが動作しなくなるからまた革のケースを新しく設計し直さなければならない。

まぁひとことで言うと、ものすごい手間なんです。

もうEAの生産は今回限りでやめようかなと職人と協議に入っているところです。

(せっかく復元がんばったのに。)

まだどうなるかわかりませんが、今回の大量生産も厄介の連続で途方に暮れる職人を正直見てられません。

もしEAのご購入を予定されている場合は、大切に扱ってあげてくださいね。

 

 

■ マジシャンの凄いマジックを評価できるか?

最近のマジシャンの傾向についても、少しお話しておきましょう。

私事ですが、去年くらいから頻繁にテレビを見るようになり、たまたまマジック番組が放送されていることが何度かありました。

Twitterでもつぶやいたんですが、

冷静になって考えてみると、ヨーヨーとかケン玉とか自転車のアクロバットのプロってパフォーマンス自体が「すごい」と言われるのに対して、

マジックって「すごい」というよりも、「感動した」とか「全然わからない」とか「どうやったの?」とか。

ベクトルが違う方向へ、感情が動いている気がするんですよね。

ヨーヨーが上手かったら、「いっぱい練習したんだろうな」と思うけど、

マジシャンは涼しい顔して自己の技術力を隠しながら演じるから、悲しいかな、「わぁ、すごい!いっぱい練習したんだろうなぁ」とは思われない。

ダーティ・ワーク(タネの部分)は常に水面下で秘密裏に行われ、技術的な凄さは客に露出することはないから。

僕たちマジシャンが見せているのは、表の世界のみ。

言いたいこと、伝わってるかな。

それを、ヨーヨーとかケン玉とかみたいに、「いっぱい練習したの。マジシャンってすごいでしょ?」と自ら伝えに行くマジシャンが増えたなぁと。

じつは2010年くらいからこの前兆はあったんだけど、まさかこの流れが受け入れられる時代になるとは思わなかった。

僕はそのプレゼンを否定はしないし、「あぁ、これは新しい演じ方だなぁ」と思ったのですが、他のマジシャンがどう思っているか気になります。

ただひとつ言えることは、この最近のマジシャンの傾向を知っておくと、新しいユニークな台本が書けることは間違いないでしょう。

そうすれば、いままでの努力の結晶が、友人たちに伝わるかもしれません。

まぁ僕のように、「伝わったところで何?」という意見もあるでしょうがね。

僕は、努力を隠すタイプの人間なので、これまで通りサラッと演じて感動だけを与えたい。

さて、あなたは、どちらですか?

【凄い】客のカードがピョンッと出てくるトランプマジック(種明かし付き)驚愕マジックのカード当て解説 カードマジック

 

次回か次々回、ヒンバ―とEAに関するちょっとした重大発表がございますのでお楽しみに。

 

共有:
カテゴリー: カードマジック, 演技関連, マジック・技法の解説 | タグ: , , , , , , , , , , , , | コメントする