【難しいマジック】カラーチェンジの技法解説(中級カードマジック種明かし編)

【難しいマジック】カラーチェンジの技法「ディービー・スピン・チェンジ」の解説(中級カードマジック種明かし編) トランプマジック

こんにちは、海田です。

「新商品の販売が遅くなり申し訳ございません。」

いったい何年ぶりでしょうね、このセリフを言うのは。

Escape Artistのリリース当初、売る売る詐欺をしてしまい、発売開始まで10ヶ月ほどお待たせさせてしまうという失態をしてしまいました。

あの時付き合って頂いた読者様にはもはや感謝しかないですが、それ以降お待たせさせるのも申し訳なく思い(早く売れという苦情も来るため)、

ここ数年は出荷ができる状態になってからメルマガでひっそりと発売開始の告知をするというスタイルでやってきました。

なので、今回のようなリアルタイムで制作の進捗具合をご報告しながらリリースまで運ぶという流れは数年ぶりでなんだか新鮮な気分なんです。

しかしながら、お待たせさせてしまうことも事実。

品質の良いマジック製品をお届けするために、職人が日々丹念にそして精密に作り上げておりますので、もうしばらくお待ちいただければと思います。  

すごいマジシャンだけがやっている、仮説と検証

すごいマジシャンだけがやっている、仮説と検証

この前、Twitterでこんな発言をしました。

めんどくさいと思うかもしれない。

しかし、余裕があれば、ぜひやってほしい。

「え、こっちのセリフのほうがウケるの? え? ウソでしょ?」

とか

「なぜかこのコントロールより、あのコントロールを使ったほうが最終的なウケがいい」

ってことが頻発するはずだから。

正直、この検証テストをせず、自らのルーティンに加えてあげるなんてあなたのレパートリー枠はなんて緩い入学試験なのだろうか。

もっと、難関校にしてほしいと思う。

僕なら、より難しくてレベルの高い大学に合格したいって思うよ。

ウケるマジックは、種ではなく、データが全て

ウケるマジックは、種ではなく、データが全て

なんて言えば伝わるんだろう。

なんだか僕に演じられてるマジック達って、本当に楽しそうなんだよね。

客が大声で叫ぶくらいの圧倒的な驚きを最前列で体験できるからかな?

一体なんなんだろうね、この感覚。

狭き門をくぐり抜けた精鋭だけが知っている輝きがあるし、そいつらにしか引き起こせない最大級の驚きもある。

だから、客の反応は可能な限り高めて、戦略的に「すごい」と言わせてほしい。

僕は最近、ジィさんになっても演じるだろうと思うマジックを整理し始めた。

それは思いの外、簡単な作業だと気づいた。

ウケるマジックのデータが僕の頭の中にはしっかりとあるからだ。

何度も検証を繰り返してやっとのことで合格した僕の最強レパートリー軍団には、順位が付けられている。

その中でも堂々一位に輝くマジックは、初対面の人と100%仲良くなるためだけに使う、とっておきだ。

毎回毎回ストイックな話をして申し訳ないが、自分のやっていることで良いと思えるものはメルマガ読者様にはどうしてもシェアしたくなるんですよね。

この感覚もまた、一体なんなんでしょうね。

ついでにもうひとつ、シェアしましょう。

この度、ヒンバーワレット(パスケース)が第2世代となり、いくつかの改良を経て再販されます。

詳しくは、本日の動画にて。

【難しいマジック】カラーチェンジの技法「ディービー・スピン・チェンジ」の解説(中級カードマジック種明かし編)

それでは、また次回。

海田

普段使い出来る日用品で、消失・変化・出現マジックを演じたいですか?


> 最高品質の本革パスケース・名刺入れ「ヒンバーワレット」

関連記事  【幻のDVD】上級トランプマジックを極めたい全ての人へ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました